一章:孤高のロッカー - TopGear
08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

一章:孤高のロッカー 


あとがき


孤高のロッカー





“TopGear”結成編・第一章【孤高のロッカー】いかがでしたでしょうか。
私自身大好きなお話なので、皆様にも楽しんで頂けたなら幸いです。
ちなみに上のイラストはイメージ画です。


このお話は、ギア発案者のクーガー兄貴原作、マギー司令官の加筆修正による
物語をベースに、不肖私ハリーが再構成してお届けしました。


私がこの話を読んだ当初、中盤でオカマと誠二が屋上で決闘を始めた時は
正直どうなることかと思いました。バンドの話でしたからね(笑)

同時に、その意外性と熱い展開には、さすが兄貴! ――と、関心したものです。
こうして自分では思いつかない発想が出てくるのが、共同創作ならではの
強みであり、面白さでもありますね。


そして現在、このお話を当ブログに転載するにあたり、共同から抜けた身として
どこまで手を加えるかが、相当の悩みどころでした。

「人様の話だ、失礼があっちゃいけない」

と遠慮しすぎて、筆を鈍らせるのはもったいないし。
かと言って、そのまま載せては、本家との差別化がはかれない。
更に面白くなる可能性があるなら、思い切って書いていこう。
・・・なんて、図々しく開き直って、今に至ります。

そういう訳で、物語の骨子はなるべくそのままに、文体と人称の統一と
曖昧な点の補足を含め、僭越ながら、大幅にアレンジを加えさせてもらいました。


その上で、今後の話の兼ね合いも考えて、一番頭を悩ませたのがこの二点でした。

・安嬉と出会ったことで、誠二の心が、どう変化していくのか
・キャラの魅力を最大限に引き出すには、どうしたらいいのか


どうにも書いてる途中で感覚がマヒしてきて、判らなくなるんですね。
もし、読んでいて不自然だと感じる部分がありましたら、ご意見下さい。


それでは、まだまだ未熟ではありますが、読んで下さった皆様に彼らの魅力が少しでも伝えられるように
日々精進していきたいと思いますので、これからも“TopGear”の世界にお付き合いください。





関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: story 1

Posted on 2012/08/13 Mon. 20:30  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。