Chapter1 -4-#06 - TopGear
06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

Chapter1 -4-#06 

【#06】





――翌日放課後。


『う~、一人じゃ終わらないよおおおお』

安嬉は男子トイレで一人、半べそをかきながら掃除をしていた。

『はあ。昨日の件もあるし、さすがに旋風も手伝ってくれないもんな~』

『おい安嬉! いつまで便所掃除してんだよ』

『誠ちゃん!?』

突然誠二が現れた事に、安嬉は目を丸くして驚いた。

『どうしてここに!?』

『お前がエントランスで練習するって言ったんだろ! ったく、いつまで待っても来ねぇし・・・』


『ぎゃーーーーっ!!!』


安嬉は絶叫し、狂喜乱舞する。


『おい!! 汚ねぇな! 便所ブラシ振り回すんじゃねぇよ!』

『だあって!嬉しいんだもん!!!』

安嬉は全身で喜びを表現し、誠二に抱きつく。

『ありがとう誠ちゃん!』

『おい! 汚ねぇ手で抱きつくな!!』

『あははははは』

『あ! なっちゃん!』

トイレの前で二人を眺め、笑っていた夏花が、安嬉に頭を下げる。

『ふつつか者ですが、せいじくんの事、よろしくお願いします』

『おい、なつ!』

『だってせいじくん、素直じゃないんだもん』

『じゃあ誠ちゃん、これから一週間、トイレ掃除も一緒だね!』

『はあ!? なんでオレまで!』

安嬉は笑う。


『だっておれたち、仲間じゃん』






【一章:終】






関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

category: story 1

thread: 創作モノ

janre: その他

Posted on 2012/08/13 Mon. 20:00  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。